総合案内

北海道科学大学短期大学部は、1953年(昭和28年)、日本初の自動車工学専門の高等教育機関として誕生しました。その後、校名を北海道科学大学短期大学部に変更し、北海道科学大学と北海道薬科大学のある前田キャンパスへ移転しました。
北海道科学大学で開講する科目と一部を共通化することで、自動車産業界を担う技術者をより多く輩出しています。

企業との連携

最先端の教材車両に学ぶ

本学では、日産自動車株式会社、トヨタ自動車株式会社など国内自動車メーカーと連携し、変化し続ける自動車業界に対応する人材育成に取り組んでいます。
日産自動車株式会社からは、「スマートキャンパス化計画」やキャンパスを基幹避難所として地域の防災拠点とする取り組みに賛同し、電気自動車 e-NV200やNOTE e-POWERをご提供(無償貸与)いただいています。
またオープンキャンパスイベントでは、札幌トヨペット株式会社とのコラボレーションとして、トヨタ自動車株式会社が開発する燃料電池自動車 MIRAIについての技術的な解説を行いました。自動ブレーキ、自動駐車の体験コーナー、シートベルトの効果を体験するコーナーなども実施し、自動車産業界を担う国内自動車メーカーとの連携を行っています。

  • 教材車ご支援
  • 自動車のミライ
  • 自動車展覧会

は、北海道科学大学と共通のWEBサイトとなります。

短期大学部概要

JUNIOR COLLEGE OUTLINE

  • 学長あいさつ
  • 沿革
  • 大学の歩み
  • 短期大学部の基本姿勢
  • 学歌

教育の特色